たまりば

  日記/一般 日記/一般  その他 その他

2009年06月10日

おもしろかった本、ラジオキラー感想と口コミ

たまたま見つけた本なのですが、ラジオキラーという本がおもしろかったです。本と言えば日本かアメリカのものが多く、ドイツの本と言うのはあまり関わりがなかったので、そんなに期待はしていなかったのですが、予想以上のおもしろさでした。

ラジオキラーはラジオ放送局で起こる事件で、予想しない人物が犯人でした。この本はトリックを重点に当てるというよりも、人の心理に重点を当てているので、気持ちと言うのが書かれている方向に動いてしまうので不思議な感じです。

起こった事件の結果と真相が最後までわからないのもおもしろいところです。

ラジオ・キラー

話はヨーロッパらしくもあり、話の展開や構成は日本にも近いものがありと日本の人でも馴染めるものでした。

ヨーロッパやドイツの情景も浮かんでくるような、ドイツを好きになりそうな作品でもありました。




  • 同じカテゴリー(ゲームや本)の記事
     これから読書の秋に・・・ (2009-10-08 07:29)
     フィンランドの本、料理や生活 (2009-06-30 08:27)
     逆転裁判の経過感想 (2009-06-27 23:21)
     吉川ひなの (2009-06-10 23:05)
     逆転検事をやっている感想(ギャクテンケンジ) (2009-06-10 22:02)

    Posted by ぴんまん at 22:25 | Comments(0) | ゲームや本
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    おもしろかった本、ラジオキラー感想と口コミ
      コメント(0)